So-net無料ブログ作成
検索選択

半年振りに目にしたAPO-LANTHAR [カメラ、レンズ]

東京電力の技

15-IMGP0101.jpg

Pentax K20D, Ricoh Rikenon XR135mmF2.8


タイトルに皮肉を加えてみました。どうにもやっつけ仕事のような感じがしません?。この手の風景を見ていつも思うのが、電力会社の人達ってこのこんがらがった電線から、任意の1本を選び出す事が出来るのだろうかと・・・。

嗚呼、鋏でパチンと1本切ってみたいですねぇ~。




良く閲覧する方のブログを見ていたら「APO-LANTHAR 90mmF3.5(アポランターと読みます)」で撮られた写真を発見しました。

このレンズ、高そうに見えつつも、意外にお安いし、大きくも無くPentaxのカメラにマッチする、いいなぁ、ちょっくら買っちゃおうか、と思っていたらすでに生産中止になっており、何故もっと早くこの存在を知ろうとしなかったのだ!、馬鹿馬鹿!、と自分にポカポカしたのが半年以上前の話。

Pentaxの一眼レフはAPS-Cフォーマットですから、焦点距離の約1.5倍の画角になり、90mmと言えば135mm相当になります。Tamronの90mmマクロレンズを持っていますが、このレンズって結構大きいんですよね。ちょっとしたお散歩写真に持っていこうとは思わず・・・。

そもそもフィルム時代はCanon EOS、Contaxと馬鹿でかいシステムばかりを使っていましたが(お散歩写真でもEOS-1NRS、RTSIIIを平気で持ち歩いていました)、デジタルカメラになって、「これからは肩、足腰に負担の掛からない小型のカメラ、小さいレンズが最高さ!」とPentaxを選んだのですから、Tamronのマクロレンズを買ってしまったのは大失敗だった訳です。

失敗したと判ってからは中古店でPentaxやRicohの中望遠マニュアルフォーカスレンズを探しているのですが、まぁ全く見つかりません。時折オークションで見掛けますが、ほぼぼったくり価格で買う気も起こらず。

そんな時見つけたが今日の写真のレンズ、Ricoh Rikenon XR135mmF2.8です。大きさはかつてのkyoceraのContax、Sonnar 135mmF2.8と同じくらいで、今はそれに付けていたContaxのメタルフードをこいつに奢ってやり、心の中では和製Sonnarと信じるようにしています。メタルフードの威力は絶大で遠くからならまんまSonnarにしか見えません!。

でも135mmレンズは200mm相当の画角になってしまうので、ポートレートには最適でしょうが、意外と用途がないんですなぁ~。お散歩写真の場合、その辺の焦点距離のレンズだったら暗くてもF5.6クラスのズームレンズの方が遥かに便利です。

かつて使っていたTamronのアダプトールマウント、90mmF2.5なる考えもありますが、これも玉数が少ないし、最新の90mmF2.8を売り払って過去に戻るのも癪ですしね。はぁ~、やっぱり気長にPentaxかRicohの100mm前後の中望遠レンズを探すしかありませんね。


nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ジャガ

電柱じゃなくて電線のゴチャゴチャを
撮ってみる・・・・・凄い!
流石ですね
XR135mmF2.8の表現良いですね
背景を程良くボカシテくれますね
by ジャガ (2010-01-17 12:07) 

BigDaddy

> ジャガさん

本文にも書いた通り、135mmって200mm相当の画角ですから、路地裏探索には非常に不便です。でも単焦点のマニュアルフォーカス望遠レンズって、「使ってやりたい!」って感覚にさせてくれます。

by BigDaddy (2010-01-18 09:16) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。