So-net無料ブログ作成
検索選択

お江戸の空の木を発見! [Tokyo Sky Tree]

「Tokyo Sky Tree」

07-IMGP1738.jpg

Pentax K20D, SMC FA28-200mmF3.8-5.6IF


東京スカイツリー、完成までどこかで定点撮影が出来ないものか・・・。



スカイツリーのある墨田区を訪れれば撮れますし、東京タワーサンシャインビルに上れば周囲の風景も含めて撮影出来ましょう。でも季節毎に定点撮影をするとなると、自宅から遠かったり、有料の展望台は果たして如何なものか・・・。

そこで昨年の秋から近所の高台に向かったり、見晴らしの良い河川敷をウロチョロしていたのですが、スカイツリーを見つける事は出来ませんでした。ところが、5日、今年初のお散歩写真で偶然それを目にしました。

自宅から歩くと40分くらいの場所、お決まりの散歩コースの1つにも入っているとある場所から正面にスカイツリーを見つけたのです。元々、「鉄の人」の真似事をしようと鉄道写真を撮っていたら、ファインダー越しの風景に建設中のそれを見つけ、まさに棚からぼた餅。

東京タワーが建設された時代は、風景を遮る高いビルはなかったでしょうから、東京のどこからでもそれを拝めたようですが、21世紀の今、そう行きません。でもここなら月に1度の割合で十分定点撮影出来ますし、夜の撮影も十分可能です。良い場所を見つけたなぁ~。完成時は634メートル、本日の写真の3倍くらいの高さになるようです。さぞ目立つ事でしょう。

竣工が来年の12月との事、月1度の撮影で24回の撮影。開業してからも美しくライトアップされるでしょうから、これは非常に楽しみな時間になりましょう。

東京タワー建設時は生まれていなかった、サンシャインビル建設時はまだオコチャマだった・・・。歴史的な建造物の竣工までを撮るにはこのスカイツリー、そして今しかありません。これは東京に住んでいる者の権利、いや、むしろ義務と言っても良いでしょう。

こうなると問題が1つ。今回の写真、焦点距離はおおよそ150mm、35mmフォーマットの画角に直すと270mm程度で撮影しています。もっと大きく切取りたいですよねぇ。うちには一眼レフ用のレンズは200mmまでしかなく、こうなると300mmクラスのレンズ(35mmフォーマットで450mmの画角に相当)が欲しくなります。

スカイツリーだけを撮る為に300mmレンズ、別に超高価なサンニッパを買う必要性もなく、300mmF5.6程度のスペック、75-300mmの普及型ズーム、この辺で十分でしょう。当分は465mm相当の画角を持つズームレンズを持つSonyのコンパクトカメラ、Cybershot DSC-H50で撮ると思いますが、テレコンバーターも含め、Pentax用の掘り出し物レンズを見つけたらGet Itですな!。


nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。