So-net無料ブログ作成
検索選択

下町は夕方が良く似合う [雑記]

「下町の夕空」

10-01-04-01-IMGP4466.jpg

Pentax K10D, Ricoh Rikenon XR135mmF2.8


映画ALWAYS 三丁目の夕日」ではありませんが、下町は朝空よりも夕空の方が似合っている気がしてなりません。

朝日を浴びて「よぉ~し、今日もいっちょ頑張るぞぉ~」、ではなく、汗水流して働いて、「今日も1日頑張った!、ひとっ風呂浴びて、ビールで乾杯だ!」と言った、1日の生活が、夕空に現れているとでも言いましょうか?。

それこそ「ALWAYS 三丁目の夕日」の堤真一が演じる自動車工が、油まみれのツナギを着て、お風呂屋さんに出掛けて行く、そんなシーンが浮かんできます。

さて、この写真で使用したレンズ、20数年前のレンズです。21世紀のデジタルカメラにオールドレンズ、Pentaxの楽しさはここにありましょう。調べてみると1975年からPentaxのレンズはKマウント方式になり、Ricohのレンズもこれを採用しています(一部、Ricoh PレンズはPentaxのボディに装着出来ないのがあるようです)。

ちなみに所持している中で、一番古いレンズが、SMC 24mmF2.8で、これは初代Kマウントレンズで、恐らく1975年に作られたもの。実に35年前のレンズです。そんな古いレンズなのにPentaxの場合は、撮影に幾つかの儀式がありますが、簡単に写真を撮れてしまいます。

今年はさらに古い、ねじ込み式のTakumarレンズを幾つか集めてみようかと考えています。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。